近況とIKKOさんのホロスコープ拝見

カスタマーリンク

やっと新生活が落ち着き、ブログの管理画面を開く余裕が出てきました。

昨(2019)年の今ごろは、人生最大の失恋のあと、母とカナダ旅行へ出かけていました。拡大した意識とつながることを覚え、エイブラハム・ヒックスの教えを実践し始めた頃です。

カナダから帰国したあと、不安や恐れからしていた婚活をやめて、なんとなく気になっていたことをやり、できるだけ気分良く過ごすようにしていたところ、自然な流れで出会いがあり、その方と数ヶ月のお付き合いで婚約、1年以内に結婚してしまいました。自分でも驚きです。もはや現実に現実感がありません…

私の社会的地位や肩書きを表すMC(天頂)に経過の天王星と進行の金星が乗るタイミングで結婚して苗字が変わったこと、出生の月を経過の冥王星が通過するタイミングで生活が一変したことなど、かなりおおざっぱに見ても星まわりがきれいに揃ったタイミングで主要なイベントが起きてきたことに占星術の面白さを感じています。

それとともに、どのような星回りであっても、「いい気分でいること以上に大切なことはない」というエイブラハムの言葉の確かさを感じてもいます。良い気分でいるように努めると、望ましいことが星の流れにともなってどんどん現実化していく、そのフィルムのなかにいる感じです。

いつも辛そうなお母さんの姿を見て「どうすれば人は幸せになれるのか」を小さい頃らか探し続けてきた結果、とうとうその方法を見つけることができたと感じています。これからはそれを使って生きていく第二幕の始まりです。

 

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

さて、半年間以上ブログを書かないでいたので、それまで一体どんなことを書いてきたのか思い出せないし読み返す気もしないので(!)、引き続き書きたいように書いていきます。

春にコロナ勃発を迎えたのち、夏は家業(の会社のネットショップ運営)が大忙しになり仕事に追われ、晩夏には結婚することになってお仕事を新しい方に引き継ぎつつ、結婚式の準備と新居の準備に追われていました。その怒涛の日々が秋の結婚式でようやく終わりを迎え、新居で家事をする生活が落ち着いてきた今日この頃。お料理するのも家事をするのも好きなのですが、やはりこうしてぽっかり時間があくと、やりたいのは書くこと。筋トレ占いで有名な石井ゆかりさんは、作家になりたくて毎日星占いを書いていたとのことですが、占星術には毎日書き続けるネタが豊富にあります。あり過ぎて困るくらい…!今、読みたいとこだけ読んでいた Chris Brennan さんの “Hellenistic Astrology” を最初から読み直しているので、そのまとめを書いてもいいし、気になる人の出生ホロスコープを読んでもいいし、Anthony Louis さんの『ホラリー占星術』 ”Horary Astrology Plain and Simple” も読みつつまとめていきたいし、シナストリーやプログレスト・シナストリー(ふたりの進行図を重ねて読む技法)の実例も読みたいし、プロフェクションでみる新年のソーラー・レボリューションも読みたい!気の向いたものから書いていこうと思います。

 

気になるひとのホロスコープは、IKKOさん、ローラさん、Happyちゃんとか。ライツ(太陽と月)とか決まった要素だけを抜き出して大勢を比較するのができないので、じっくり一枚ずつ見ていくスタイルです。もちろん、ほかの人がまとめてくださっている比較のデータは喜んで楽しんでみていますが、水星と冥王星がタイト目のスクエアなので、どうしても深堀りスタイルなのです。

 

ではさっそくIKKOさんのホロスコープ・リーディングをやってみます。出生時刻がわかっているらしいので見てみたら、私の月と太陽に合の惑星をたくさんお持ちでした。気になる人は必ずホロスコープにリンクがあるのが不思議でおもしろいです。

1962年1月20日16時35分福岡県のお生まれ。

アセンダントはかに座、そのルーラーの月も1室にあり、もともと自分はこういう生き方でいきます、というスタイルのある人。私であることが人生を照らし出す。親やすさ、愛されやすさ。甘え上手なキャラクター。

とはいえ月以外の星が軒並み7、8室に集中しているので、確立されたキャラクターで人とどんどん関わっていきます。

UntitledImageAstrologicalsigns

 

満月生まれで太陽はやぎ座の30度、サビアンシンボルは「秘密のビジネス会議」。現代社会の中枢、山の一番てっぺんのところ、既得権益の最終形態を目指します。7室太陽は相手の魅力を照らし出すのが楽しく、太陽は2室のルーラーなので、お金を稼いだら良いと思った人や会社、ものに投資するスタイル。それによってどんどん社会の階段を登っていく。活動宮の満月少し手前のお生まれなので、いつでも人の目に晒されているような緊張感があり、常に完璧を目指していきます。

やぎ座とみずがめ座のルーラー、土星は8室、みずがめ座2度、太陽とサイン違いの合で、歳を取れば取るほど古い社会体質に固執せず、次の時代を先読みして立ち位置を固めておく堅牢な人生設計ができるようになっていきます。

太陽と同じやぎ座には金星火星のきらきらの組み合わせがあり、古き良きものを愛でて楽しむことが仕事になるし、活力も生まれます。おひつじ座にあるMCの支配星は火星でやぎ座21度、ぐいぐい人と関係性を作っていくことによって社会的ステータスを作っていく野心力も抜群です。

で、今の時期は7室の火星、金星、太陽に冥王星、土星、木星が乗っていて、人生の方向性を変えざるを得ないとき。特に冥王星が太陽を経て、土星を抜けるまでは公私ともにガラリと変わる過渡期です。冥王星が土星を抜けるのが2026年なので、あと5年間ですね。付き合う人や社会、私生活、何もかもが変わる時です。うお座にある経過の海王星が出生図の月ー海王星のトラインとともに大三角を作っているので、スピリチュアルや宗教、芸術、イメージの世界、信条が変化に伴う痛みを緩和してくれます。

進行図をみると、今年はちょうど進行の太陽がうお座30度にあり、出生の太陽と正確なセクスタイルになっていました。内面から出るやりたいことと実際の活動とが共鳴しあって、過渡期にありながらもやりたいことができる力強い一年だったのかもしれません。2021年11月からは進行の太陽がおひつじ座に入るので、まったく新しいステージに入るでしょう。面白いことに、2022年1月のお誕生日にちょうど還暦を迎えられ、プロフェクションでは1室に戻ってくる年なので、この時期はIKKOさんのキャラが一新する新しいサイクルが始まるかと思います。

天王星が本格的におうし座入りした2019年春に一度手応えがあったと思いますが、その方面の革新が今後5年間でさらに進んでいくでしょう。2020年の夏からはオンラインサロンを始められたとのことで、さすがにしっかり流れに乗っておられます。

ある程度ホロスコープを読んでから、IKKOさんのご活動をインターネットで見てみると、さすがとしかいいようのない星の活かし方をされていて感動しました。有名無名に関わらず、ある方のホロスコープを読んでから、生き様を拝見したり聞いたりすると、人ってちゃんと自分の星を生きていくんだなぁと感慨を覚えます。カウンセリングでも皆さん素晴らしい方ばかり。1室ルーラーの太陽が7室みずがめ座にあるぼびおにとって、こうしていろんな方の人生とインターネットや星を通して関わるのはとっても楽しく、満足感のあることです。

お料理が楽しいいま、この本は気になる〜

カスタマーリンク

アクセス

友だち追加

日々のぼびおはAmebloで