ホーチミン週末雑記 20180514

カスタマーリンク

今日は家でもカフェでもネットがめちゃくちゃ遅いから、いつものGoogleドキュメントじゃなくてメモに下書き。これでも全然いけるね。

この土日はホーチミンでゆっくり彼女と一緒に過ごすことができた。土曜日はパン屋さんで朝食を食べてから、大きめの市場でお買いもの。

引っ越してからは歩いて行ける範囲に市場がなくて、スーパーばかり行くようになった。なので、久しぶりの市場にワクワクする。買うのはコーヒー豆と塩、小さめのフライパン、マスク。どれもスーパーにはいいのがなかった。

コーヒー豆は前にも買ったことがあるおじいさんのお店で買う。はば1メートルくらいのお店にコーヒー豆を入れた瓶とお茶っ葉を入れた瓶が並んでいて、それぞれに100グラムあたりの価格が数字シールで貼られている。並んだ瓶の奥にはおじいさんが座っていて、おじいさんの背後には豆挽き機が座っている。

香りを嗅がせてもらって、一番高い100グラムで20.000ドン、100円くらいのを500グラム挽いてもらった。スーパーだとこの3倍くらいするのに、おいしいとはかぎらない。挽いた豆はビニール袋と新聞紙を重ねたのに包んでくれる。

それからフライパン。安いぺらぺらのでいいから、小さめのが欲しかったのね。台所用品のお店で4万ドン、2百円くらいのがあって、即決。店主のおばさんは「子どもが日本で結婚して住んでるのよ~日本人好き」といってくれる。昔は市場で買い物するといえば結構緊張してたけど、最近はボラれることもないし気楽なものだ。

市場は昔から好きで、アメブロ時代にも何回も書いた。八百屋さん、お肉屋さん、魚屋さん、果物屋さんがぎゅっと並び、その向かいに家庭用品とか乾物とか色とりどりのおやつ屋さん、チェー屋さんなど、ありとあらゆるお店がひしめき合っているのが見ていて飽きない。

フライパンの次は塩。スーパーには精製塩しか売ってなくて、海水から作った粗塩が欲しかった。500gで5千ドン、25円。豆腐を発酵させた調味料チャオも売っているので買う。朝ごはんを食べていたおばちゃん、なぜか手作りの唐辛子味噌もおまけでつけてくれた。

午後は彼女がジムに行っているあいだ、また別のカフェへ行ってブログを書いた。ベトナムドンの手持ちが少なくなって来たので、両替して、彼女との待ち合わせ場所へ。この日は日本人の方の経営するレストランでワインを1本あけてしまった。ほとんど彼女が飲んだとはいえ、久しぶりに酔っ払った。

なので日曜日の朝はちょっとだるかった。今日はちょっとだるいから走るのはお休みするという彼女を置いてひとりジョギングに行き、なんとか復活。

この日は彼女にスライド資料と原稿の英訳仕事を頼まれていたので、それを一日中やっていた。翻訳の仕事はやめたけど、こうして家族の頼みを聞いて翻訳することがたまにある。できるけど、楽しい仕事ではない。創造力を全然使わないただの技術だから。

で、朝はご飯を食べがてらカフェで作業して、それからバイクをそこに停めたまま、彼女の部下の誕生日祝いを買うというので一緒に街をぶらぶら歩いた。靴を買おうということになっていて、うまい具合にいいお店を見つけることができた。サイズが近いというのでなぜか私が次々に試着して、店にディスプレイされている靴を履き尽くす勢いであれこれ試して、やっと決まった。

ホッとして近くの日本料理屋でお昼を食べる。ホーチミンでチェーンの日本料理屋さんに入ったのはたぶん初めて。ベトナムに来てまで日本料理食べなくてもいいだろうと思うからだ。ただし今回は彼女の仕事の視察にもなりそうだったので、行ってみた。お昼どき、ベトナム人のお客さんでいっぱい。こういうお店に来る若い層ってもう日本人と同じ顔つきをしている。戦争を知らない現代社会人の表情だろうか。

ここでもメニューをさんざん迷って、結局お寿司と天ぷらを食べた。意外においしかった。お寿司のシャリが温かくてなぜか気が緩む。

しかし、帰宅してから彼女は胃が痛いと言って吐いていた。大丈夫か?私は全然大丈夫だったんだけど。多分疲れていたんだろうね。仕事は忙しそうだし、土曜日はいっぱい飲んだし、最近ジムに通い詰めでオーバーワークだし。

というわけで、午後は彼女がダウンしてる横で翻訳作業をしていた。そういう日もあっても良いけど、一日ブログを書けないとやっぱり何かが「溜まる」気がする。

なんとか翻訳が終わり、夜は近所の菜食レストランでおしゃれなごはんをいただいた。生春巻きも春雨炒めもおいしい。ホーチミンはこういうちょっと高めの菜食レストランが増えた。

帰りに通りがかった結婚式場で夜市みたいなのをやっていたので、立ち寄ってみる。大きな音楽がかかっていて、学園祭みたいな感じ。主に学生さんが手作りのご飯やジュース、おやつのお店を出したり、服やアクセサリーを売っている。ホーチミンでは週末に各所でこういう夜市イベントがひらかれている。

彼女がTシャツが欲しいというので見てまわる。途中、カットフルーツ盛りにヨーグルトとかき氷をかけたのをふたりでつつく。最近、ジム通いとジョギングですっかり引き締まった彼女は、とても40近くには見えない。かわいいな〜と思いながら果物を食べる。

その後、彼女はスイカの柄の短パン7万ドンを購入して帰った。スイカパンツの彼女と一緒にベランダでビールを飲んで、就寝。盛りだくさんの週末であった。

カスタマーリンク

アクセス

line@でも配信を始めます。よろしくね。
友だち追加

日々のぼびおはAmebloでお見せしています。