今日の二重円と夢の話

カスタマーリンク

今日のタロットカード一枚引きは、0愚者でした。何か新しいことを始めようということ?まずホロスコープを見てみよう。

スクリーンショット 2018 06 15 8 09 42

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冥王星は月のエーテルボディを更地にして作り直し。海王星は8ハウスうお座の金星火星にワクワクするような夢見をさせて、冥王星のエーテル工事に必要な情報を受診させている。MCに張り付いている天王星は、ここから2年かけてキャリアを刷新することを意味している。自分らしさを抑圧しない社会的立場を模索中ということだ。ネイタルの土星冥王星とオボジションなので、この新キャリアは人類の根源的、統合的知性をかたちにしようとするものであると同時に、家族に対する情と責任感の皮をぶち破るものでもある。

天王星のいるサインおうし座を支配する金星は火星とともにデートしながら、非物質領域との接触を楽しむ。最近よくデートの夢を見るのはそういうことか。夢のなかで、一応ぼびおは金星側、女性を演じている。うお座海王星の庇護のもと、恒星探索や水晶透視、夢見を人生で一番楽しめるとき。そしてそれが新しいキャリアにつながる。ついでに4ハウスさそり座にいる経過の木星が海王星とトラインになっているので、非物質領域との接触は程よい広がりを見せる。

土星は自分の王国、やぎ座にいるので、しっかり仕事する。しかも、MCとトライン。仕事に結びつく5ハウスの創造的活動を生活のなかに定着させられる時期。最近は早朝に起きて「朝飯前」に書く、というリズムを試している。これはいい調子。朝食時にすでにしかるべき量を書けているので機嫌よくいられる。

火星はゆっくりとDCを通り過ぎようとしているところ。みずがめ座の火星、天王星が大家さんなので、MCのお仕事刷新に向けて、対人関係で自分の理念を通そうとする。人付き合いの仕方に火星を使う時期だ。表面的現実を取りつくろうのではなく、地上の人間関係はあくまでもかりそめのつながりと観じて、宇宙とのつながりを意識する本来の生き方を損なわない人付き合いを要求する。サビアンシンボルは7度「鷲に変化する旗」、理念をもとに力強く行動を起こしていく。火星はネイタルの天王星木星と協調関係60度の角度にあるので、この行動力が先進的思想を追求し、普及させて行こうとする趣味的創造活動に弾みをつける。

月は新月を抜けたばかりで目標達成に向けて動き出したばかり。ホームのかに座にいるので今日は元気いっぱいです。新月はふたご座23度「木の高いところにいる3羽の雛鳥」で起きたので、いっぱいやることがあるなかで、優先度の高いものから順に取り組む一ヶ月。ネイタルの太陽とトラインで調子のいいとき。

今日の夢では、相手の男性と腕時計の時刻を合わせる、という場面で終わった。金星と火星を同期させるということか。時計を合わせる前は、時刻は少しだけ違っていた。そういえば、現在の経過の金星火星はもうすぐオポジション、対極の位置にくる。22日の午前2時ごろだ。この時に合わせて夢を見ればいいのではないか。前日の21日は夏至であり、高野山のお大師さま(空海、弘法大師)の縁日だ。何か関係のある気がする。

愚者は新月だよ、何するかちゃんと考えときな、と言っている気がする。優先順位の高い3つといえば、フィクションライティングと朝起き抜けで海王星モードを維持しながら書く習慣を続けること。ホロスコープを地道に読むことです。それを優先してやっていきます。ブログとnoteの使い分けに悩んでいたけど、フィクションをnoteに載せることにしました。ちょうどよかったぜ。今日はこんな感じ。

カスタマーリンク

アクセス

line@でも配信を始めます。よろしくね。
友だち追加

日々のぼびおはAmebloでお見せしています。