体調悪い日のとりとめのない雑記

カスタマーリンク

こんにちは、ぼびおです。

最近アメブロばっかり更新していたけど、こっちのブログはやっばりホッとするな〜〜

やはり常に自分の状態を更新しておきたい。ブログと波長を同期させておきたいですね。大好きなので。

吐き出すといえば、昨夜から吐き気が止まらず、なかなかの体調の悪さを経験していました。

ぐったりしながら気持ちの悪さや腰の痛みに意識を集中させていると、身体の中で目まぐるしく感覚が変わっているのが感じられます。このところ、焦って作業を進めてきたのと、外出が多かったので、軽い強制終了がかかった感じです。

 

まだ本調子ではないのですが、それを言い訳にして前に進むのを怖がっている気もするので、無理やりPCを開けました。やはり書くとアタマがすっきりしますね。

この頃特に、実家でこうして暮らさせてもらっているありがたさをしみじみと感じます。両親は健康で私を大事にしてくれていて、本当に感謝しかありません。恵まれているなぁと感じます。

 

ちなみに吐き気とともにうめきながら自分の丹田に意識がピタリと合った瞬間、具合が良くなりました。まだ少ししんどいけど、ピントがズレていたから体調も揺れていたのか、と思うほどピッタリした感覚です。

結局、自分が自分から目をそらすから、人からも目をそらされるんだよなぁ。これを何度も何度も失敗しながら腑に落としていくのが2019年6月か、と思っています。

 

仕事の面では、本当に痛い部分に向き合うのを怖がって、ここまで追い込まれないと、ずっとやりたかったことを始められなかった自分を不甲斐なく思う気持ちもあるし、とはいえこれまで決定的に動くことができなかった自分も仕方ない、と思う気持ちもあります。

 

起業した人の多くが、「止むに止まれず」、「とうとう自分で稼ぐしかなくなって」始めた、という話をしています。それはすごく納得のいくこと。というのも、価値観とあり方を完全にぶっ壊して再構築しないと、今までと同じ自分でビジネスなんて構築できないからです。人生には数回、そういう局面が訪れます。

本当に思いがけない展開も、全部自分の内面が現れただけ。

 

今は仕事に専念していますが、やはり七転び八起き。こうしてずっこけながらも、一歩一歩確実に進んでいくしかない。私には私がいるから、大丈夫だ。

 

調子の悪い日のとりとめのない日記でした。

カスタマーリンク

アクセス

line@でも配信を始めます。よろしくね。
友だち追加

日々のぼびおはAmebloでお見せしています。