雑記と月食のこと少し

カスタマーリンク

このところ翻訳業の開業準備というかトライアル受けたり契約交渉したりで全然ブログを書けずにいた。

翻訳の仕事は徹底的に自分の色を消すことを求められるので、ブログを書かないと、変なところでしし座の自己表現衝動が出てしまうのだ。

ヴィパッサナー瞑想合宿から帰ってきて3ヶ月。あの合宿はどうみても人生の転機だった。引っ越しとかパートナーとの別れとか、あれから多くのものごとが動き、状況や身の回りの環境が変化しました。今は経過の冥王星がオーブ0で出生の月と重なっているし。

瞑想はなんとかギリギリ朝晩1時間弱ずつを確保しているけど、どうしても怒りに飲み込まれかけることがあります。今はやはり特に父親、母親に対してですね。

実家に引っ越してからの1ヶ月間、抑圧してきた感情が順調に解き放たれていて、夢を見たり瞑想中に思わぬ感情があふれてきたりします。

そのなかで気づいたことのひとつが、「生まれてきたことへのとても強い怒り」。これはそのまま、両親への怒りとなっているということに気がつきました。

生まれてさえこなければ、こんなに苦しむ必要などなかったのに、とつい思ってしまうのね。

子どもの誕生や結婚の知らせを心の底からは喜べないのも、生まれてくることは苦しみでしかない、という根源的前提があるから。(なので結婚して自分の子どもを生もうとはなかなか思えません)

自分がどういう経緯で生まれてきたのかは知らないけど、生まれてきてしまったからにはできるだけ苦しみを減らせるよう努めながら生きていくしかない。私はブログで、というか物心ついてから、一貫してそのことを考え続けてきました。

 

そろそろホロスコープの話も書きたいな。

週明け、1月21日の午後2時17分頃に起こる月食の満月がちょうどしし座-みずがめ座1度のライン。ここにおひつじ座29度の天王星がT字スクエアを作るので、思いがけないかたちで自分の社会面の仮面がつき崩されるイメージ。もっと自由な、型にハマらない方向へのシフト。

ちなみにこの満月の日は、みずがめ座太陽と、いて座金星がパラレル(赤緯がほぼ同じ)。なんだか知的好奇心からくる楽しさと自由で風通しのいい社会性とが強く響きあって、わりと悪くない感じに見えます。

 

ぼびおの出生図では、太陽-月のラインがちょうどDC–ACに、天王星がMCに重なり、ICの土星+冥王星とグランドクロスなので、家族との関係にもお仕事にも影響が来そうです。

ついでに経過の火星が出生の冥王星とパラレル中らしい。生理前のイライラもあるけど、昨日もつい父親にキツイ口をきいてしまったし、暴走しないように気をつけよう。

IMG 1381

冥王星の動きをみるに、今後数年間はまだまだ激動なので、落ち着いてブログを書ける日が来るのかわからないけど、書きたいときに書きたいことを書ける場所があるのはありがたいことです。

そういえば最近、寝る前にnoteで日記を書いています。自分を客観視するのに役立っているみたい。

カスタマーリンク

アクセス

line@でも配信を始めます。よろしくね。
友だち追加

日々のぼびおはAmebloでお見せしています。