ヴィパッサナー瞑想を知る前と後の変化

カスタマーリンク

ヴィパッサナー瞑想 を学ぶ10日間コースに参加してきました。とても良かったです。コース参加前後の変化を挙げるときりがないですが、幼少期からずっと感じ続けていた不安、緊張感、恐怖がやっとなくなりました。
10日間は長いかと思ったけど、受けてみるとかなりの集中・速習コースであることがわかり、効率よく全容を学ぶことができました。

ヴィパッサナー瞑想法は、潜在意識に根付く苦しみのもと=執着と嫌悪をごっそり浄化できる実用的ツールです。

表面意識の苦しみを浄化する方法は数多くありますが、肉体の感覚を観察することによって潜在意識に直接はたらきかけるというこの方法を再発見したゴータマ・ブッダは、かなりの徹底主義者だと思います。

日本ヴィパッサナー 協会のウェブサイト https://www.dhamma.org/ja/index

早朝4時半から夜9時まで、誰とも話すことなく聖なる沈黙を守りながら、集中的に順を追ってヴィパッサナー瞑想法を学んでいきます。

一度10日間コースを受けたあとは、毎日朝と晩に瞑想を続けて新しい苦しみの元を作らないように生活をつづけます。年に一度、10日間コースを受け直すことが勧められています。

コースに参加する前とあととの変化

肉体面

・長時間ドライブ中も身体中の感覚を意識し続けることによって、ほとんど疲れを感じなくなった。

・パソコン作業中も同じ。たまに目を閉じて全身の感覚を意識し続けていると、姿勢が崩れず、体のどこかに無駄な力が入らず、そのために疲れにくい。眼精疲労もない。

・認識できる情報の量が格段に増えた。今まで目に入っていなかった情報がこんなにあったのか、と気づいた。

・意識が明晰になり、体験を明確に記憶していられる。

・以前よりも順序立てて、相手に伝えたいことを伝えられるようになった。

対人関係面

・人の目を見て話せるようになった。

・以前であれば外出中や家族といるときにずっと感じ続けていた緊張感を感じなくなった。

・なじみのない人が同席していても平常心を保ち、思いやりと余裕を持って自然体で接することができるようになった。

・人混みでも心穏やかに淡々と移動できる。

・人と関わるのが怖くて引きこもりだったが、人々のために自分にできることがあるならばやろう、と思うようになった。

心理面

・死にたいという気持ちを常に感じ続けていたのがなくなった。

・人々が苦しみから逃れるためには自分に何ができるのかを常に意識している状態になった。

・自分だけでなく、まわりの人のために瞑想を続けて心の浄化を続けていこうど思うようになった。

家族

・家族と関わりたくなかったのが、家族とともに過ごし、できることをしてあげたいと思うようになった。

・できるかぎり実家に帰らないようにしていたのが、できるかぎり実家で過ごして家事やできることを手伝い、自分のあり方を通して苦しみを手放す生き方を間接的にでも伝えられたら、と思うようになった。

パートナー

・パートナーへの強い執着心が消えた。

・以前は遠距離で電話している時、自分の話を聞いてほしい、自分の感じたことをわかってほしい、と思っていた。ヴィパッサナー を知ったあとは、淡々と相手のためにできることをしよう、と思い仕事の話などを平常心を保ちながら聞けるようになった。

生活面

・朝起きて瞑想したあと、淡々と、自然と掃除や部屋の片付けをするようになった。

・食べ物や甘いものへの渇望がなくなった。

 

関心のある方は、ぜひ参加してみてほしいです。とても良かったので。生きているかぎり生じるあらゆる苦しみの起きる原因と、その減じ方を身体を通じて実感的に理解できます。

カスタマーリンク

アクセス

line@でも配信を始めます。よろしくね。
友だち追加

日々のぼびおはAmebloでお見せしています。