初Grabで空港へ。無事ダナンに到着

カスタマーリンク

ダナンに着いた。暑い。ホーチミンより日差しが強い。 ホテルはBooking.comで迷ったあげく,ハン川沿いの市街地からも比較的近いとろを予約していた。空港からホテルまではタクシークーポンを買って行けばいいや,と思ってたら,タクシーカウンターなんてない。空港の外に出てみても,タクシーそのものがパラパラとしかいない。タクシーであふれかえるホーチミンのモードでいたけど,ダナンは思ったよりのどかだ。 タクシースタンドのところにタクシー各社の采配員がいたので,近寄ってみた。どの会社がいいのかさっぱりわからなかったから,声をかけてきたおじさんにVinasunに乗りたいと言ってみたら,Vinasun采配人のお兄さんを連れてきてくれた。


style=”font-weight: 400;”>Grabの登録に携帯電話番号なんて要らない,とその飛ぶ族仲間は言っていたけど,やはり必要だった。なので彼女の携帯にPINを送ってもらうことにする。空港に行くときに早速予約してみた!さすが大都会,エレベーターに乗って降りたらもう待ってたよ。タクシーみたいに遠回りされないかそわそわしてなくてもいいのがとにかく楽。日本人とみるや遠回りするドライバー,まだいるからね。そしてなぜかタクシードライバーの引きが弱いぼびお。いつも遠回りされてて嫌になってしまった。 Grabでは事前に料金が決まっているので,ドライバーさんは最短距離で空港へ。無事に到着しました。途中で国内線か国際線か,航空会社によって場所が少し違うのでどこの航空会社かだけ聞かれました。空港使用料と合わせて80K。快適だった!

*心屋の飛ぶ族(以前の呼び名は後者)、飛ばない族(同じく前者)っていうのは、ものすごく便利な考え方なので,また改めて記事にします。これでぼびおとうちの相方は,お互いのことが以前よりもっと深く理解できるようになりました。

心屋さん自身によるのまとめ記事はこちら

この本は唯一の心屋さんの飛ぶ族・飛ばない族本だそうです。講演録なので書籍版にはCDがついていて,Kindle版では音声をダウンロードできるらしい。

カスタマーリンク

アクセス

line@でも配信を始めます。よろしくね。
友だち追加

日々のぼびおはAmebloでお見せしています。