豊かさの本質とは

カスタマーリンク

シンチャオ ぼびおです。

ペロちゃんは北部のマラソン大会に出かけたので、ぼびおは今日から週明けまでずっとひとりでホーチミンをまったり満喫しています。

 

さて、ペロちゃんとのいざこざを通していろんな気づきがあったんですが、

そのうちのひとつ、「豊かさ」について書いておきたいと思います。

 

大好きな彼女にほかに好きな人ができて、もう二度と元通りの関係には戻れないということがはっきりしたとき、

胸が苦しくて辛くて、ベッドに寝転んでいたら、

 

「でもこれも経験で、豊かさであることに変わりはない。幸せだなぁ〜」

 

というメッセージが降りてきました。

 

もちろん表面意識は「何アホなこと言うてんねん。これが幸せってどういうことよ」と面食らっていたんだけど、

 

でもそのうちに「確かにそうかもなぁ」と思えてきて

 

好きな人と楽しい時間を過ごしている時や、満たされて安心している時と同じくらい、

嫉妬に胸を焦がしている時も、今ここで好きな人に殺されたらどんなに幸せだろうと思っている時も、

全部ひっくるめて豊かさなんだ、と思い至ったときが ひとつの転換点だった気がします。

 

苦しみも恨みも豊かさの一部なんだと思ってみたら、

嫉妬する気持ちも、苦しい気持ちも、将来に対する不安も、楽しい幸せな気持ちと同じように全部感じきろう。そう思えたのでした。

 

寝転がって、丹田(子宮)に意識を置きながら、できるだけ見ないようにしていた嫉妬や辛さに集中すると、背骨を震えるような生命のエネルギーが上がっていくのをはっきりと感じました。

 

人生という幻の全てが この世の豊かさである。

甘い記憶だけ、楽しい幻影だけを求めようとするから、バランスが崩れる。

苦しさも恐れも悲しみも 全てが私に与えられた豊かな経験なんだ、というのは大きな気づきでした。

その全部を受け取ろう、と覚悟することこそ、豊かさの大海に身を委ねるということなのかもしれません。

この経験をくれた彼女には感謝しかない。

 

IMG 1607

カスタマーリンク

アクセス

line@でも配信を始めます。よろしくね。
友だち追加

日々のぼびおはAmebloでお見せしています。