子宮委員長はるちゃん 現・八木さやさんのホロスコープ

カスタマーリンク

前回の記事で子宮委員長はるちゃんの本を紹介したので、ホロスコープが読みたくなりました。ご本人が出生時間を公開されているので、ハウスもこの通りです。

Saya

はるちゃんの本に、「私はたまたま持って生まれた願望に『結婚したい』というものがあったから、変な形でも結婚はしていたい!」とあったので7ハウスが強いのかな、と思っていましたが、ホロスコープを見てみるとズバリその通りでした。

さそり座冥王星と金星の合が他者との出会いを示す7ハウスの入り口、西の地平線に乗っています。これははるちゃんの元風俗嬢としてのキャリアにぴったり。さそり座はもともと他者との個人の人格の垣根を超えたつながりを示すサインであり、セックスもさそり座と関わりが深いです。そのさそり座がおうちの冥王星と、女性らしさや快楽を表す金星が重なっていて、風俗嬢として人と関わるキャリアを示しています。

冥王星はやぎ座海王星、みずがめ座木星とも角度を取っています。性というタブーを通じて、やりすぎ、というくらいに快楽を追求する姿勢、この性的体験を社会的野心と直結させるイマジネーションを裏付ける配置です。

7ハウスから8ハウスへ移るところに、物事を徹底的に追求したいさそり座太陽があり、その少し先にはどんどんグレードアップするべき、という規範意識を示すいて座の土星が見張っています。

社会的看板を示すMCを支配するのはこの土星なので、向上心と集中力の合わせ技が表看板を作り上げていきます。それも8ハウスに近い7ハウスにあるので、結婚相手や誰かとの深い関係を通じて、自分の関心のあるテーマを追求する、ということです。

言葉を司る水星はいて座の最も強い度数にあり、火星、木星と60度、天王星と合。文体は切れ味が良くリズム感がありますし、いて座や木星の支援を受けて、ブログを元に本を次々と出版しています。うじうじした男性性をスパッと切り捨てるいわゆる「メスナイフ」も火星・天王星の力を受けた水星に現れています。

この水星は8ハウスにあり、2ハウスのふたご座のドミサイル天体です。これはインターネットを介して(天王星)自分の思いを発信して、大勢からお金を受け取る、という収入のあり方に合致します。自分の肉体に備わった言語化力さえあれば、どこででも生きていける、という発言を裏付けています。

月がみずがめ座の11ハウスにあり、その支配するかに座が4ハウスという配置には、引きこもりで夫とすら同じ空間を共有するのを嫌がるが、インターネットを介して大勢の仲間とつながっていたい、というさやさんの生活スタイルがしっかり現れています。

アセンダントのノードに冥王星・金星の合があり、強圧的母親の存在に個人としての存在を圧迫されてきたことがうかがえます。また土星が太陽によってその光を隠されており、父親の存在が薄かったという話を裏付けています。

労働の6ハウスは潜在意識の12ハウスとともにサインが3つあるインターセプトになっています。八木さやさんにとって、この6−12の奉仕・メンテナンス軸は大事な分野ですが、あまり人には見せない部分でもあるかもしれません。6ハウスの火星は働くとなると、ものすごい勢いで集中してやる、ごまん託の時に3000人分の鑑定書を一気に書き上げた行動力と集中力にこの配置の表現が伺えます。

 

八木さやちゃんのホロスコープをどんどん読めるのは、彼女が自分の考え方や生き方を大量に発信してくれているからです。その人がどんな風に考えて、どんな風に生きているのががわからないと、ホロスコープを読むことはできません。

占星術セッションでも、まずクライアントさんからどんな価値観、どんな生き方をしているのかをうかがうところからスタートします。

カスタマーリンク

アクセス

line@でも配信を始めます。よろしくね。
友だち追加

日々のぼびおはAmebloでお見せしています。