ブログはゲーム実況

カスタマーリンク

2週間のベトナム滞在を終えて帰国しました。ぼびちゃんです。

10年以上付き合った彼女にフラれました。悲しくて、情けない気持ちでいっぱいです。一旦、自分で別れると決めた時はすごく明るい気分だったけど、そのあと何日か一緒に過ごすうちにまた執着が出てきて、感情が揺れ動いていました。

つい2週間前まで、人生の前半でパートナーに恵まれたことは僥倖だと思っていたのに。この人とこの先ずっと一緒にいられると思うだけで、すごく心強かったのに。

どうしてこんなことになっちゃったんだろう、とはよく言いますが、なるべくしてなった、としか言えません。あの時ああしていれば、とかそういうのはなかった。本当に、思いがけないところですれ違っていた。

 

というところで寝不足だったので寝て、起きたらだいぶ気分が良くなっていました。やっぱり寝るの大事だね。

今回の事件で一番大きな気づきは、「目の前のことに踊らされないことの大切さ」でした。目の前でどれだけ辛い現実が繰り広げられても、自分の内側にフォーカスしていること。これはすごく難しいです。内面への強い集中力が必要とされます。

で、もし感情が溢れていてフォーカスしてもしかたない時は、「「あふれる感情に押し流されそうになっている自分」を見ているもう一人の自分の視点」(メタ認知)を思い出します。

 

パートナーは自分の鏡だ、ってさんざん書いてきました。パートナーだけではなくて、現実も全て鏡です。

で、鏡って便利なんだけど、映し出されている影があまりにも醜い(=見にくい)ものだと、どうしても鏡そのものを割ったり、映っている影そのものを変えようと必死になってしまいます。

でも、鏡に映っているものを変えるには、自分の姿を変えるしかないんですよね。

その当たり前のことを、つい忘れてしまう。そして、感情ドラマでドロドロになる。それもこれも、現実がすごくビビッドに見えるからです。

(ぼびおが昨年から続けていたヴィパッサナー暝想の真髄は、この現実=幻であることを看破することでした。でもそれだけじゃ足りないと思うの。)

 

現実は、幻でしかなく、どこまでもうつろいゆく無常。自分が変わると、現実が変わっていく。

フォーカスすべきは、「では、私は何を望んでいるのか」「今の私のコンディションはベストなのか」というところ。

現実を変えようとすればするほど、「醜い」現実はその「醜さ=見にくさ」を増していきます。

それよりも、まずコンディションを立て直して、自分の望みをセットし直すこと。

寝て、ご飯食べて、横にゴロンとして、子宮(丹田)を温める。

あとは、引き寄せの段階を追って進んでいくだけ。

1・自分の望む状態を思い描く。書き出す

2・イメージしたときに感じる気持ちをただ感じる。
 大切にしてくれる相手、環境、世界に対して自然と感謝があふれてくる。自然と身体がリラックスして、笑顔になる。このとき子宮・丹田を意識すると、体の感覚を感じ取りやすい。

3・その安心した状態の自分で、周りの人に接する。
 「いつも大事にしてくれてありがとう」
「丁寧に接してくれてありがとう」
「いつも支えてくれてありがとう」と声をかけるのもそう。

4・1で描いた現実は必ず到来すると了解した上で、今現在の「悩ましい」状況もブロセスの一環として楽しみ、出てきた感情を味わい尽くす。なぜならこのブロセスこそ、魂がこの世で体験したいことだから。

 

私たちがこの世界で望まない現実に直面し続けるのは、変化するプロセスそのものを楽しめるように、という宇宙の采配によるもの。

お金がない、という現実のおかげで、そこからお金がある状態へ移行していくアトラクションを楽しむことができる。

恋人とうまくいっていない、という現実のおかげで、恋人と相思相愛の状態、または心から満たされた状態へ移行していくアトラクションを楽しむことができる。

鬱で死にたい、という現実のおかげで、生きる喜びを肚から感じられる状態へのブロセスを楽しむことができる。

 

最初から全て満たされていて、何の不満もない状態だったら、さぞつまらない。

こうやったら、こう動くんだ、というルールがわかって、この世界で自分というアバターを使ってプレイしていく感覚がつかめれば、これ以上面白いことはない。

この辺りまでわかると、人生でターニングポイントと呼ばれる転機や苦境は、むしろ「はい、ここから次のステージ。また別のミニゲームの始まりだよ」と言われているかのような感覚になります。

面白いね。ぼびおもぜひ、今新たに始まったこのミニゲームを楽しませていただきます。

そう考えると、ブログはゲーム実況にほかならないですね。今後もブロゲーマーとして腕を磨いていく所存です。 

カスタマーリンク

アクセス

line@でも配信を始めます。よろしくね。
友だち追加

日々のぼびおはAmebloでお見せしています。