大きな自己に身を委ねる

カスタマーリンク

シンチャオ、ぼびおです。今日はスリランカ旅行記はお休みです。

9日間のスリランカ旅行からホーチミンに帰ってきて疲れが出たようで、作業していたカフェの冷房が強かったせいもあり、昨日は頭痛に悩まされました。一晩寝て、今朝のジョギングはお休みして、日中はPCにあまり触らずにモーニングページを書いたり瞑想したり、本を読んだりバイオリンの練習をしたりしていたら、だいぶ楽になりました。

旅行中、タロットパスワーク(タロットカードを使った瞑想)も水晶透視練習もジョギングもしなかったので、視界が狭まり、大局を見失っているのを感じていました。いや、旅行前からかな。(勝間和代さん主宰のオンラインサロン)勝間塾に入ってから、新しい情報がドバッと入ってきて、すっかり押し流されたまま、糸の切れた凧のようになっていました。

すると今朝、久しぶりに夢を見ました。

数人の人が周りにいるなか、どうも自分だけが優遇されていて、まわりの視線を感じながらもどっかりと体を投げ出して座っています。そのとき、左の足首が崩れかけているのに気づき、病院に連絡をしようとするけど、まわりの人は携帯電話を貸してくれなくて、「あ〜自分だけいい目をしていたからだ」とやや焦って目が覚めました。

体の左側は上の次元から情報を受け取る側。大きな自己とのつながりが崩れつつある、というメッセージだと解釈しました。それもあって、今日はブログを更新しなきゃ!!という思いを脇に置いて、久しぶりにパスワークをしたり、バイオリンを練習したりして過ごしました。

このところ、『7つの習慣』を読んだ影響を受け、て自分の価値観、ミッションステートメントを書いたり消したりしていたのですが、今朝ようやく「自己とのつながりを取り戻す作業こそ習慣にするべきだ」、と確信しました。

前々回の新月に当たる今年3月に勝間塾に入り、それまで所属していた松村潔先生の塾のスピリチュアルどっぷりモードから、急に現世モードに移行しました。

前回の新月からは、このブログの立ち上げ作業を本格化、おかげさまで満月には正式にオープンすることができました。次の新月までのふりかえり期間である今になって、ようやく松村塾でのスピリチュアルの学びと、勝間塾での現世的生き方とのバランスを取る余裕が出てきたようです。

今日はゆっくり手帳タイムをとって、この人生に求めるもの、使命を考えてみたところ、「恒星、大きな自己とのつながりを失わないまま、地球という時間が一方向に流れる環境を経験していく」ことでした。

このところ勝間塾の課題提出や課題図書、イベント参加などやりたいことがたくさんあって、「あれもこれもやらなきゃ」と焦ってしまい、パンクしかけていました。

でも今朝ゆっくり自分と一緒にいる時間を過ごしてみて、「このすぐなんでも背負いこもうとする小さな自己=表面意識は、ただ大きな自己=潜在意識とのつながりを失わないことだけに専念すればいい。リーダーシップとマネジメントは大きな自己に任せればいいんだ」と感じることができました。

大きな自己とさえつながっていれば、小さな自己がいちいち頭をひねらなくても、何をすればいいか自ずとわかるからです。

このブログを作ったのも、「あ、作ろう」と思ったから。それ以上でもそれ以下でもありません。大事な決断の時は、いつもそんな感じでした。

というわけで、上と下、天と地とをつなぐ筒人間になるのが理想です。すぐに筒が詰まってしまうんですけどね。流れの良い筒人間ぼびおを目指します。

カスタマーリンク

アクセス

line@でも配信を始めます。よろしくね。
友だち追加

日々のぼびおはAmebloでお見せしています。