ミッドポイント一覧表の出し方と90度順列表の見方

カスタマーリンク

出生図の分析に役立つミッドポイント技法。こちらでぼびおの出生図を例に使ってみています。 この記事では、ミッドポイント一覧の出し方と、90度順列表の見方を説明してみます。

Astrodienstのウェブサイトでミッドポイントを一覧表示することができます。

まず名前と出生データを登録します。

それから「出生データによるさらなるチャート選択」のページで、

チャートタイプ:出生図

チャートの表現様式:Ebertin style (w/ midpoints)

を選んでチャートを表示したあと、「pdf データ表をもっと見る」のボタンをクリックすると、いろんな形式のミッドポイント一覧が表示されます。

ぼびおはこのなかの「Midpoints in 90 degree order」(90 度順列で表示したミッドポイント)を使っています。

こんな感じのやつです。

スクリーンショット 2019 05 29 7 46 49

この表の度数の

0−29度台は「活動サイン」:おひつじ、かに、てんびん、やぎ

30ー59度台は「不動サイン」:おうし、しし、さそり、みずがめ

60ー89度台は「柔軟サイン」:ふたご、おとめ、いて、うお

を表しています。

 

なぜ90度順列になっているかというと、

コンジャンクション(0度)、スクエア(90度)、オポジション(180度)

の3パターンのみを考慮する場合に便利だから。

 

たとえば 太陽= B / C 

のミッドポイント(スクエア、オポジションを含む)を探す場合、まず太陽が単独で表示されている度数を探します。

スクリーンショット 2019 05 29 9 02 26

太陽の度数は51度00分です。

これは不動サインの21度00分が 太陽とコンジャンクション、スクエア、オポジションの位置になる、という意味です。

 

この太陽のオーブ1度30分以内の組み合わせを見ます。

49度30分〜52度30分

=不動サインの19度30分~22度30分

にミッドポイント が来る組み合わせを見ればOK。

表では薄い緑色で示しています。

太陽=

  • 水星/金星   
  • 月/火星    
  • 木星/土星
  • 土星/天王星
  • 水星/火星
  • 木星/MC

こんな感じで太陽をミッドポイント とする組み合わせがたくさん見つかりました。

ぼびおは太陽にメジャーアスペクトがないのですが、ミッドポイントが豊富にあると知って驚きました。

ノーアスペクトの惑星でもミッドポイント がある、という場合はその惑星を表現する参考になります。

 

各惑星のサインやハウスも考慮していくと、いろんなことが見えてきます。

カスタマーリンク

アクセス

line@でも配信を始めます。よろしくね。
友だち追加

日々のぼびおはAmebloでお見せしています。