2018年の手帳とぼびおの手帳遍歴

カスタマーリンク

ペロちゃんが先に日本をたって、朝起きてひとり、というのに慣れるまで少し時間がかかります。ここ数年はちょうど慣れてきたな、という頃にまた生活ペースが変わるということの繰り返し。ふたり暮らしからひとり暮らしになったり、日本に帰国したり、南国に移動したり。やれやれです。

さて、手帳マニアだった私もいろいろと試してきた結果、ここ最近は落ち着いてきました。やはりほぼ日手帳に戻ってくる。あとはムーンプランナー。今使っているほぼ日手帳はスプリング版なので、3月末で終わり。次はどうしようかな〜と考えていました。

Cover set 2019s  Img 01

これまでの手帳遍歴

ジブン手帳

Biz about 01 p01 2019

ジブン手帳は自分や家族の長期記録を残すライフログ帳「LIFE」、24時間軸で日々の予定や記録を書き綴る「DIARY」、アイデアを書き記す「IDEA」の3冊がひとセットになっています。

LIFEは1年限りではなく、ずっと使い続ける前提で作られています。ウェブサイトのパスワードとか、自分年表を書くページがあるんだよね。このノートは今も引き続き便利なので使っています。それとIDEAも。

ただ、細かく時間の割り振られたDIARYだと毎日考えたことを日付とともに書くスペースがないのがぼびおには合いませんでした。

フランクリン・プランナー

『7つの習慣』をベースにしたフランクリン・プランナーは、使命を洗い出して、その実現に即した生活を設計する作りになっています。段階ごとにクリアしていく感じは楽しいんだけど、そもそも使命を手探りしている段階だったので、軸がブレまくりで続きませんでした。。やりたいこと、目指すことがはっきりしている人にはオススメです。 フランクリン・プランナーは本を読まなくてもできるようにできているし、公式サイトに十分な情報が提供されています。

まんがでわかる 7つの習慣

さとうめぐみさんの手帳セラピー

それ以前にはわりと長い間、さとうめぐみさんの手帳セラピーをやっていました。 まだ使命とかやりたいことがはっきりしていなくても、少しずつ自分の夢に近づけるように設計されています。

手帳セラピーの主な特徴は

  • 4色か5色のペンを使って書くこと。 赤は体調 青は仕事 緑は楽しいこと オレンジは夢の実現に向けた行動 黒は日常生活
  • ふりかえりをすること。1日の終わりや1週間の終わりに良かったことを書き出します。
  • マンスリーとウィークリーを両方使うこと。

本格的に取り組む場合は、8年先くらいまでの見通しを書き出す、ドリームマップを作る、というのもありました。

このドリームマップは作るのがとても面倒ですが、かなり効果がありました。

たった1行ですべてが叶う手帳の魔法 (中経の文庫)

ぼびおは書籍を参考に公式「幸せおとりよせ手帳」を使ったり、手帳セラピーの方法をほぼ日手帳で実行しようとしたりしていました。

下の本はもう少し後に出版されたものです。さとうめぐみさんの本、今はキンドル版がたくさん出ているようです。

手帳という武器をカバンにしのばせよう (中経出版)[Kindle版]

Hobonichi Planner + Moon Planner

というわけでこんな風にいろんな手帳術を試してきました。なんでもやってみないとわからないですね。

私の場合、今後のことを何にも決めたくない。やりたいことはすぐにコロコロ変わるし、自分で自分を縛りたくないし、明日のことさえわからない。

なので、年初に目標を立ててそれを細分化して日々行動する、という手帳術は苦しい。それがやっとわかりました。

昨年は1〜3月だけジブン手帳を使って、ほぼ日手帳スプリングに切り替え、3月からはムーンプランナーのDL版も合わせて使っていました。

それと、ほぼ日手帳だけではスペースが足りなかったので、昨年7月からほぼ日手帳カズン、分冊版の下半期分だけ購入。年末まで使い切りましたが、アイデアノートとしては普通のノートに日付入れて使ったほうが使いやすいのでは、と気づきました。

なので、今年からはエディターズノートのハーフイヤー版を使っています。思いついたことやノートを取るときはなんでもこれに書きます。占星術の勉強もここに書いてます。何でもかんでも一冊に書き込んで、時系列に流れていくのが思考にあっていると感じています。

ニトムズ STALOGY 1/2デイズノート A5 ブラック S4108

手帳術に関しては、月の周期を意識に取り入れるようになってから、だいぶ楽になりました。月の周期なら軽く計画も立てられるし、見直せる。

月の満ち欠けを手帳にしたものが増えてきたけれど、私はやはり先駆けのムーンプランナーが一番視覚的にもデザイン的にも使いやすいです。DL版は月のボイドタイムが入っているからいいかなと思ったけど、やっぱりちゃんと綴じてあるやつのほうが私は好みだとわかったので、2017春夏版は冊子のものに戻します。

手帳はやっぱり、ほぼ日手帳の英語版、Hobonichi Plannerにしようかな。4月から使うから1〜3月のページはもったいないけど、メモにでも使えるし。日本版だと、日々のことばが目に入ってきて疲れるんだよね。

Img 01

なので今春からはHobonichi Planner+Moon Planner で決まりかな〜

今日は和歌山は雪がちらついたあと、晴れています。昨日は春一番の強く暖かい風が吹き荒れていたけれど、今日はまた肌寒い。おうちで読みもの書きものします。

(この記事は、前身のアメーバブログから転載したものです。)

カスタマーリンク

アクセス

line@でも配信を始めます。よろしくね。
友だち追加

日々のぼびおはAmebloでお見せしています。