時間も生き金のように使える

カスタマーリンク

昨日は本田健さんの本をネタに「生き金を使うとは」っていう記事を書きました。

生き金とは、「すべての人を幸せにするために使うもの」

っていう話。

よく考えたら、これってお金だけじゃなくて、時間に関しても言えるますね。

 

与えられた時間を「すべての人を幸せにするために使う」

 

こういうと、「自分の時間なくなるってこと?そんなんいやや」っていう声が聞こえてきそうですが、そうではなく。

ダラダラしたいときは、自分を休ませてあげる。それがすべての人の幸せに繋がるということ。

だってしんどいのに無理して動いても、不機嫌になって、周りの人にいやなムード撒き散らすだけだしね。

ちゃんと自分を休ませてあげたら、自分を大事にしている、っていう意識から自然と周りの人も大事にできるし、そしたらすべての人の幸せに繋がることになる。

何をやっているときも、「これはすべての人の幸せのためになる」っていう確信のもとにやるだけ。

すべての人にはもちろん、自分も含まれています。これは大事な点です。

 

たとえばオンラインゲームしてても、

「すべての人の幸せのためにこの時間を使っているんだ」

という意識があるかないかで、その時間の使い方、心の中で自分自身への声のかけ方が変わってくる。 

 

「今は、この時間を 自分に許しているんだ。自分に使わせてあげているんだ」と思えるのと、

「本当はこんなことしていてはいけないのに。ダメな自分!サイテー。でもやめられない」

と自分に声がけするのでは、当然、自分が発するオーラは違ってくるはず。

 

どちらがまわりの人の幸せのためになるかは一目瞭然です。

何きれいごと言ってんだか、と思うようなことだけど、ほんの少しの「自分への接し方」の違いが現実に大きな違いとなって返ってくると思っています。

不思議なことに「すべての人の幸せのためにこの時間を使っているんだ」という呪文が浸透してくると、ごく自然とそういう行動に意識が向くようになってくる。自己洗脳みたいな感じ。

または、一日一回、たとえば朝に、「すべての人を幸せにするためにどんな一日を過ごせるだろう」って自分に問いかけてみるだけでも、そのあとの思考回路が変わってくる。

同じようにブログを書いていても、言い回しや内容が変わったり、写真を入れてみたり。フォントを読みやすいものに変えてみたり。

そうやってほかの人の存在に少しでも「与えよう」という姿勢があるかないかで人生の豊かさは変わってくるんだよね。

 

私の元パートナーも、誰に対してもとても優しくて、与えるのが得意です。

与えるって、別にモノだけではなくて、さりげない気遣いとか、オーラとか。ガツガツしていないっていうだけで、「この人には自分の大切なものを奪われることはなさそうだ」という印象を与え、まわりの人に安心感を与えることができます。

だからみんな彼女を好きになるし、信頼されるからしっかり稼いでいます。そういう人は、あなたの身近にもきっといると思います。

 

「私は、自分を含めたすべての人の幸せのために、お金も時間も使っている」という豊かなデータをぜひダウンロードしてみてくださいね。

 

カスタマーリンク

アクセス

line@でも配信を始めます。よろしくね。
友だち追加

日々のぼびおはAmebloでお見せしています。